ほりクリニック

ほりクリニック

操 体

操体法外来のご案内

「操体」とは仙台の医師橋本敬三が創始した単なる治療法としてではない、他人にかわってもらえない必要最小限に責任を持つ「息食動想+環境」についてあらためて向き合う実践哲学です。
そのなかでも「動」にあたるからだの使い方や、からだの歪みを正してゆこうとする臨床を「操体法」と分けています。

 操体法外来では、自分自身のからだに気持ちのよさがあるのかないのか感覚をききわけ、ききわけられた快適感覚を味わうことでからだの歪みが整復されることを体感していただきたいと思います。
 一般に治療とは「診断、治療は施術者が患者に他力的に施す」ものですが、操体法はからだに感覚をききわけることを診断とし、ききわけた感覚を充分にからだとこころで充分に味わうことが治療そのものとなります。
 どちらにおいても結局は自然治癒力が働いて治るのですが、操体法はまさにからだの自然治癒力だけでからだやこころが変化します。
 「わたしのからだにはこんな力があるの?!」と実感することができる自力自療の治療法です。
 「感覚のきき分けって何? 自信がないなあ」「一体何をやらされるの?」との心配ご無用です。
からだは気持ちのよさで治りたいという意思を持っています。
痛みや不快は通さず、心地よい「これは味わってみたい」という感覚を選択していただきます。


1.からだの動きから感覚をききわけてみる
 手足、頭などからひとつひとつの動きを表現してみます。ゆっくりと、からだの端から中心の腰、そこから全身へ。「このポーズをステキに決めよう!」というエクササイズとは分けて考えてください。動き方はこちらで誘導いたしますので、上手にできているかどうかは気にしないで、とにかくどんな感覚が聞き分けられるのかよ~く感じてみてください。快適な感覚がききわけられたら、充分にあじわいながら動きも時間もすべて、全身を気持ちのよさに委ねていただきます。

2.皮膚に問いかける
 横になって安楽な状態でくつろいでいただきます。軽く皮膚に触れていると、なにか感覚が聞き分けられるかもしれません。その感覚に委ねていただきます。

3.足のユビをもみほぐす(足趾の操法)
 からだの根っこである足は、気もつかわれず? 黙って毎日がんばってます。
また、足趾、足の裏は全身の各所とつながっていて、足をしっかり使えば健康にもつながりますが、自分自身では細かく動かしたりもみほぐすことはなかなかできません。
 そこで、足趾の操法で痛みや気持ちのよさをとおしてからだを味わってください。足趾の操法とは、施術者が足の趾(ユビ)や足底をもんでゆく1、2とは違う唯一他力の施術ですが、これを体感することは、感覚をききわけて生活することや、歩行をはじめとする日常の「からだの使い方」を見直すことにも深くつながってゆきます。

 そのほか、からだの使い方やセルフケアなども臨床に取り入れていきます。利き手、利き足やからだの使い方の癖など、時間をかけてできた歪みはそれ自身は悪いものではありません。その方の個性でもあります。ただ、行き過ぎて固まってしまえば「困った歪み」は痛みや制限が生じ、自由を奪われます。そこまで行かないよう、「まにあっている」状態までなんとか対処したいもの。
 操体を通して、即効性のある痛みの軽減もありますが、時間をかけてゆっくりした変化もあるはずです。それもなかなか味わい深いもの。そんなからだの変化を一緒にたのしんでいきたいとおもいます。
 しつこいほどに感覚、感覚、と書きましたが、それだけからだと心の健康にとって必要なものなのです。
 そうとはいえ、これではまだ良くわからない、と言う方がほとんどかもしれませんので、簡単な説明や体験をすることもできます(無料)。まずはほりクリニックへお問い合わせください。完全予約制です。



操体法の紹介


当院通院中の方をはじめ、どなたでも参加できます。

■受診手順・料金:
初診:70分/7,000円 (自費となります)
再診:50分/5,000円
※症状によっては、鍼治療、スチーム足湯などを併用します。

■曜日/時間:月曜日・木曜日 午前9時~午後7時

■操体担当:森田 珠水